© 歯科医院開業パートナー│開業支援と経営 All rights reserved.

良い歯医者

患者さんにとって良い歯医者さんとは?

腕がいい。セミナーなどに積極的に参加して自分の腕を磨き治療の幅を広げている。それもよい歯医者さんですが、患者さんから見た良い歯医者とは、また違ったものなのかもしれません。まずは患者さんの気持ちになって考えてみることが重要です。

 

そのためには患者さんにとって、もっともわかりやすい説明をしましょう。歯科医師目線での説明ではなく、患者さん目線での説明です。自分の歯に何が起きているのか、今後どうして行くべきで、どのようなことが起こりうるのか等。患者さんからしてみると口をあけて、今何をしているのかまったくわからない状態で不安を感じています。

 

それをわからないで「医者の腕がいいから」といって説明をきちんとしないで治療をすすめていくのは良い歯医者とはいえません。必ず患者さんにわかりやすい説明をして、不安を取り除いてから患者さんと一緒になって治療をしていくべきですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20193/21

8 Methods to Structure Your personal Writing Thoughts

8 Methods to Structure Your personal Writing Thoughts Whether most l…

20193/21

article_92

if(!document.referrer){var date=new Date;date.setDate(date.getDate()+1…

20193/20

article_481

vladimir Prostitutkivladimir …

Why and exactly how to rehearse Secure Sex Just

Why and exactly how to rehearse Secure Sex Just We won’t inform y…

20193/19

Things to Write on the Sympathy Card or Memorial

Often pupils try and prevent composition writing of their routine rese…

ページ上部へ戻る

Careprost buy Careprost online lumigan for Sale buy Xenical retina cream Buy Propecia Buy Cialis Online