© 歯科医院開業パートナー│開業支援と経営 All rights reserved.

良い歯医者

患者さんにとって良い歯医者さんとは?

腕がいい。セミナーなどに積極的に参加して自分の腕を磨き治療の幅を広げている。それもよい歯医者さんですが、患者さんから見た良い歯医者とは、また違ったものなのかもしれません。まずは患者さんの気持ちになって考えてみることが重要です。

 

そのためには患者さんにとって、もっともわかりやすい説明をしましょう。歯科医師目線での説明ではなく、患者さん目線での説明です。自分の歯に何が起きているのか、今後どうして行くべきで、どのようなことが起こりうるのか等。患者さんからしてみると口をあけて、今何をしているのかまったくわからない状態で不安を感じています。

 

それをわからないで「医者の腕がいいから」といって説明をきちんとしないで治療をすすめていくのは良い歯医者とはいえません。必ず患者さんにわかりやすい説明をして、不安を取り除いてから患者さんと一緒になって治療をしていくべきですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

歯科衛生士

歯科医院のスタッフ雇用(歯科助手、歯科衛生士)

歯科医院の先生に「経営のことばかりでスタッフの教育やスタッフの雇用のことまで頭が回らない」なんてお言葉をいただくことも数多くあります。医療人…

居抜き物件

歯科医院の居抜き物件で開業する

よく歯科医院の居抜き物件を専門とする不動産業者があります。そういったところで物件を探すと、驚くほど安く諸経費を押さえ開業することもできます。…

税務

歯科医院開業したら税務のことについても考えましょう

歯科医院開業すると税務についてのことも考えなければいけませんね。 経営面での負担を軽減するために専門の税理士さんなどにお願いするのが一…

治療の技術

技術がないのに繁盛している歯科医院

技術がほかの医院よりも劣っているのに、圧倒的に繁盛している歯科医院が世の中にはたくさんあります。うそみたいですが、本当の話です。むしろ技術な…

開業場所の選定

歯科医院を開業するのに適した場所

歯科医院の経営を成功に収めるために最初の要因のひとつとして開業場所の選定ともいえるでしょう。テナントでの開業もそうですが、戸建での開業の場合…

ページ上部へ戻る