© 歯科医院開業パートナー│開業支援と経営 All rights reserved.

開業経営

歯科医院の経営には保健所の申請も必要です

歯科医院の経営が決まって、開業場所も決まって、あとは開業するだけではありません。開業の前に必ず保健所への申請が必要なのです。開業する医院の名前やチラシ、名刺、看板、ホームページなどを作ってしまう前に必ず保健所の申請を済ませましょう。チラシや看板などを作ってしまってから「この名前では申請を許可することはできません」なんて保健所で言われることがないように、必ず開業する前に保健所の窓口へ言ってみましょう。

開業する際の保健所への申請は各種書類が必要になってきます。主なものは、

・開設管理者の履歴書
・開設管理者の医師免許証の原本と写し
・開業する診療所の敷地の平面図
・開業する付近の案内図
・建物の構造概要及び平面図
・従事医師及び看護師等の免許証及び履歴書
・建物を賃貸している場合は賃貸契約書
・その他(エックス線装置を設置する場合はこの他にも届出が必要)

 

などです。
都道府県によって若干の書式の差などがあるために、必ず開業する都道府県の保健所に確認してみてください。
開業経営

歯科医院の開業

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

歯科衛生士

歯科医院のスタッフ雇用(歯科助手、歯科衛生士)

歯科医院の先生に「経営のことばかりでスタッフの教育やスタッフの雇用のことまで頭が回らない」なんてお言葉をいただくことも数多くあります。医療人…

居抜き物件

歯科医院の居抜き物件で開業する

よく歯科医院の居抜き物件を専門とする不動産業者があります。そういったところで物件を探すと、驚くほど安く諸経費を押さえ開業することもできます。…

税務

歯科医院開業したら税務のことについても考えましょう

歯科医院開業すると税務についてのことも考えなければいけませんね。 経営面での負担を軽減するために専門の税理士さんなどにお願いするのが一…

治療の技術

技術がないのに繁盛している歯科医院

技術がほかの医院よりも劣っているのに、圧倒的に繁盛している歯科医院が世の中にはたくさんあります。うそみたいですが、本当の話です。むしろ技術な…

良い歯医者

患者さんにとって良い歯医者さんとは?

腕がいい。セミナーなどに積極的に参加して自分の腕を磨き治療の幅を広げている。それもよい歯医者さんですが、患者さんから見た良い歯医者とは、また…

ページ上部へ戻る